2006年9月 3日 (日)

息子と美川の会

昨夜は高二の息子といっしょに美川の会へ行ってきました。

http://sun.ap.teacup.com/pastime/6.html

「よくきたね。えらいね。」と声をかけてくださったのですが、事情は複雑で。

素直に、「いいお話をされているから一緒に行こうよ」ということではないんです。

彼も17歳になりました。

自分の進路、「寺」ということをどう考えて行けばいいのか、彼はこの夏、とてもとても悩みました。

いまも、深く悩んでいます。

以前、修練の班担をしていて、寺に入っていく若者の、言い知れぬ不安感とプレッシャーを聞いてきたのですが、それと同じようなことを息子が話したのは驚きでした。

いやはや、これは当然、当たり前のことなのですが、ガンと一発なぐられた感じ。

彼のために、父としてなにができるだろうかと考えた末に、美川の会に連れて行くことを思いつきました。

なんだかんだいって、同じ道を歩んでほしいという、ドロドロとしたものを私は心の底に抱えています。

でも、昨日のお話にもありましたが、他人に菩提心を起こさせるという事は、決してできることではありません。

彼の選択を見守ることが大事です。

でも、それでいいのだろうか。

寺とは違う形で、自らお念仏を学ぼうという人が集まる場所、お念仏が生きている場所を見せてやりたくなりました。

そういうわたしの思いを伝えたところ、息子は美川まで行くことを承知しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

金沢での青春の日々を

富山で月参り2軒。

県立図書館で本を5冊選び、貸し出す。

今回はなかなかのラインナップだ。

昼食、デリーでAセット。

富山松竹でジョニー・デップ「リバティーン」を観る。

金沢へとドライブ。

金大近くのジャスコで久しぶりにジーンズを購入。

さっそく穿いてしまう。これで学生時代に還ったという設定か(笑)

なつかしの第七餃子でホワイト、ライス小、豚汁。味が変わったような気がする。

学生時代に住んでいた東山のアパートを探すが、見つからず。あのころからボロかったし、消失したんだろう。

Vfsh0004東別院から近江町、金沢城へと歩いてみる。ほろ苦い青春の日々に思いを馳せる。

かつてキャンパスがあった金沢城は鍵がかかっていて入れなかった。あの頃の大学移転反対デモがむなしい。

授業費値上げ反対デモ、文化祭での団交などが懐かしい。もう20年以上昔の話だ。。。

東別院で菱木政晴氏「仏性と人権」を拝聴。Vfsh0005 これまた久しぶりに菱木さんの熱気をいただいた。

そして富山へ帰って、ビールを呑んでいる。

気がつけば、息子が大学生になる日も、もう、差し迫っていたり。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

組会、野菜

代行でなんども行ってはいたのですが、住職になって初めてということで少々緊張してました。

とくに何事もありませんでした。いつもの組会でした。

一番幻滅するというか、力が抜ける場所でもあります。

それでも「現場」なんで、がんばらんとあかんとこなんだが。。。

懇親会、お酌コンパニオンさんとダイエット談義に花が咲きました。

ストレッチ、筋トレなどの運動はしているが、サプリメントは使っていないと話すと、

「最近の野菜はビタミン含有量が減っているので、マルチビタミンを摂る必要がある。現に私には大変な効果がある」と力説され、たじたじでした。

農家の御門徒さんから野菜は頂くし、ウチの母も野菜作りが趣味なので、いまは毎日、茄子が食卓にあったりしますが。

それでもビタミン足りないのかなー? こんど試してみるか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

玉永寺同朋の会

Vfsh0003 今朝の裏の笹山との格闘の傷跡。

軍手とサムエでは甘かった。

次回はもっと防御を固めなければ。

昨夜の同朋会は私を含めて6名の出席。

座談会が成り立つ、ぎりぎりの人数です。

    如来、世に出興したまうゆえは、    弥陀本願海を説かんとなり。
    五濁悪時の群生海、    如来如実の言を信ずべし。

http://web2.incl.ne.jp/fujiba/goma/mido_mappo.htm

を、参考に、カリスマや現人神として釈尊を崇拝するのではなく、弥陀の教えを示してくださった諸仏の一人として釈尊を大切にするのだといったお話をしました。

「いままでで一番分かりやすかった」という感想が多かった。じゃぁ、これまでは難しかったのね。。。

改めて「法蔵菩薩の物語は、釈尊が語られたことであって、実際にあったことではないのですね」という質問が出ました。

「うーん、確かにそうです」と答えました。そのあと、また父がいろいろ難しいことを話してましたが、わたしの答えはそれでよかったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

暑かったー

Vfsh0012 午前は小杉へ月参り。Vfsh0013_1

お土産に、向かいの豆腐屋さんの茶碗豆腐をいただきました。

近所でもこうしたお店は珍しくなりました。

お話してみると、こちらはハンセン病問題ふるさとネットワークでご一緒しているお西のお寺さんのご門徒さんでした。

午後からは魚津の山村へ6軒月参り。

意地でクーラーを使わずに運転しています。

しかし、暑かった。しんどかった。

帰ってからどっと疲れが出てしまいました。

mixiの日記を読むと、みなさん夏を楽しんでいらっしゃるようで、なんだかとてもうらやましいです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年8月 4日 (金)

朝の学習会 二日目など

Vfsh0008 今日は11人ほど来てくれました。Vfsh0011_2

楽しかった。

パッソ、ちょっとしか乗ってませんが、なかなか名車な予感だけしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

朝の学習会 一日目、など

Vfsh0006 朝のラジオ体操のあと、8人ぐらい来てくれました。

こどもは可愛いです。

あと、パッソがきました。いずれ写真を。

母の文章を、戦中生まれの女たちによる『九条の会』の方々が再び掲載してくださいました。

http://home.cilas.net/yunami/9jo/senjika.html

感謝です。

Vfsh0001 庭の睡蓮。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

教区暁天講座 玉永寺委員会

Vfsh0078 朝5時に起床して、別院へ向かい、暁天講座を聴聞。

富山教区で唯一の節談説教師、茂利さん。

法難での師弟の別れがクライマックスになっていた。

こういうのが、よくあるパターンなのかな。

↑は別院の富山大空襲についての展示。

Vfsh0081 午後から玉永寺委員会。

門徒総代、各地区の世話方に集まっていただき、

昨年度玉永寺年中行事収支決算報告、今年度予算審議等。

ある意味、玉永寺新住職としての難関の一つみたいなものでした。

緊張しました。

おかげさまで、無事に終了し、懇親会。

残酒整理して、いま、いい気持ちで、明日へ続く。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

御文のスゴサ

昨夜は玉永寺同朋の会。

前回、出席者が4人ということで、こりゃどうしたもんかと頭を抱えていたのですが。

今回は12名ということでほっと一息。

テキストは正信偈

本願の名号は正定の業なり。    至心信楽の願を因とす。等覚を成り、大涅槃を証することは、    必至滅度の願成就なり。

たとい我、仏を得んに、十方衆生、心を至し信楽して我が国に生まれんと欲うて、乃至十念せん。もし生まれずは、正覚を取らじ。唯五逆と正法を誹謗せんをば除く。

第十八願と第十一願の説明が中心だったのですが、やはり経文にはなじみがないというか拒否反応があって。

それで、やっぱりこれですわ。

末代無智の、在家止住の男女たらんともがらは、こころをひとつにして、阿弥陀仏をふかくたのみまいらせて、さらに余のかたへこころをふらず、一心一向に、仏たすけたまえともうさん衆生をば、たとい罪業は深重なりとも、かならず弥陀如来はすくいましますべし。これすなわち第十八の念仏往生の誓願のこころなり。

蓮如さんはやっぱりすごいと思いました。

至心信楽欲生とか、摂め取って捨てない第十八願の精神を、ほんまに分かりやすく、自分の言葉にしてるんだもん。

蓮如さんのスゴサをまざまざと感じた夜でした。

まいりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

ラジオ体操と京都での会議

Vfsh0064 昨日はラジオ体操初日でした。

ちなみに今日はどしゃぶり。

それから電車に飛び乗って京都へ。

「同朋会運動推進会議」二回目の会合。

一日、宗務総長の隣に座ってました。

Photo終了後、友人らとビアガーデンへ。

彼から「あんただけ反対派」と言われました。

とりあえず、アイスバインを初めて食べました。

↑他人の画像で恐縮です。

豚足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)