« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

今期のアニメ・ドラマ

今期のアニメ・ドラマは豊作でぃ

「NANA」じつにおもろい 人気あるのわかるな

「医龍」大学病院の実情とか なんかすごい 坂口キャラぴったり

「クロサギ」展開が興味深い 堀北萌え

「SAMURAI7」絵が綺麗 庶民の味方だよね やっぱり

「メジャー」原作でもいま一番オモロイところ

「ギャルサー」娘につられてみてるが なかなか脚本が渋

ほとんどマンガ原作ですな

毎週、わくわくしながら録画して見てます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

住職三日目

午前 月参り 来月二日の研修会準備

午後 月参り 登記所へ宗教法人変更申請 本山の指導通りにはいかなかった 結果待ち

夕食前にウトウトして ここで虚脱感に襲われる

なんつうか やっぱり ちょっと無理してるなオレ

ということで 白山市の豆腐味噌漬けを肴に 焼酎を 舐める

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

玉永寺同朋の会

さすがに正直、今月は休みたかったのですが、参加者からの要望で今夜、同朋会を開催しました。

正信偈がテキスト。参加者のお一人から「内容がむずかしい」という感想がありまして、反省してシンプルにいこうと、今回は戸次公正さんの現代語訳を中心にして、法蔵菩薩物語の復習と、十二光のお話をしました。

どこがよかったのかはわかりませんが、とっても食いつき(失礼)がよくてびっくりしました。「正信偈ってそんなことが書いてあるんですか!」という素直な感想。法蔵菩薩物語の内容を、かなり理解していただけたようで、さまざまな意見が飛び出して、なかなか活発な座談会になりました。おもしろかった 

さらに、試みとして、同朋会に行事の企画運営にあたる実行委員会の色合いを持たせようということで、祠堂経と暁天講座について相談し、話し合いました。こちらも手ごたえあり、といった感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住職修習

de2b913c.JPG

確認しましたら原稿締め切りが6月第1週までいいそうですし、かみさんが月参りにいってくれたおかげで、今晩の同朋会のプリントもとりあえず骨子ができたので、すこしラクになりました

住職修習 やっぱりいろいろありました。前泊の宿を父にまかせていたのですが、日にちを間違えているのが直前で発覚し、当日の夜中に電話をかけまくりも修学旅行シーズン、どこも空いていない。焦った。なんとか本願寺のまんまえの高田屋旅館で総代さんと泊まることができました。

初日、同朋会運動についての講義がありました。しかし、さっぱり面白くなくて班担とバトル。原点を知れということなんでしょうが、教団問題、部落差別問題、靖国問題を経てきたからこそ、同朋会運動発足当初の独善性というものがはっきりしてきたんだと思うんです。これまでの歴史を忘れて原点に返ってしまったら、そこには自分の庭さえ綺麗ならそれでいいという、教団維持のエゴが目立ってしょうがない。「歎異」やら「慙愧」やら、内向きの観念論、理想論というのはこれもほども面白くないものかと実感しました。

ちょうど、日程が土日と言うことで、兼職の方の参加が多く、32組。30代から40代の方が多く、班の中で私は最長老から二人目だったのが、けっこうショックでした。女性のかたが4名いらっしゃいました。

ご存知のとおり、27、28と玉永寺旅行会を両親が引率してきまして、新住職出仕参拝もそのスケジュールに入っていたのですが、日曜日でしたら参詣者が多くて前にいけず、私がどこにいるのかさっぱりわからんかったそうです

まー そんなところです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

かえってきました

コメントありがとうございました。心から御礼、申し上げます。

4日間いろいろありましたが、とりあえず明日からの仕事に集中します。

29日 玉永寺同朋の会

30日 ハンセン懇ネットワークニュース原稿締め切り

2日 教区組門徒会研修会

5日 児連委員長祠堂経に名古屋の加藤氏が来富

6日 善教寺祠堂経法話

8日 華の会(13組若坊守会)

9日 人生講座2回目 佐野明弘氏

10日 玉永寺子ども会

12日 共学研修会 竹橋太氏

13日 青少年研修会

14日 組同朋大会準備

15日 組同朋大会

あと、住職交代にともなう宗教法人の手続きを二週間以内に

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

いってきます

今日一日 それなりにがんばりましたら 昨日 ずぶずぶだった状況が それなりに なんとかなりそうになってきました

今できることをすることで 仕事の不安からくるストレスを消すことができるんだなと はじめて 実感できたような気がしてます

これからも 失敗することもあるでしょうけど わたしは元気です のようなことを 「魔女の宅急便」で キキがいってましたな とりあえず その線で ボクもこれから がんばろうと思います

前泊しないと受け付けに間に合わないんで 明日の午後から 住職修習いってきますワ ではでは 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

うーん

今、京都から帰ってきました。いまごろ、まだ、みんな、呑んでるんでしょうか

東京のSさん、ここ見てるんでしょうか。住職修習を挟んで、この30日締め切りという、鬼のような仕事をおおせつかってきたのは、どういうことなのでしょう

住職修習が終われば、すこしはゆっくりできるかと思ったんですが、6月の手帳をみると、5月の流れがそのままなのはどういうことなのでしょう

これが日常なのだと思うことにするしかないですよ。そうしないとやっていけませんよ

| | トラックバック (0)

「ダ・ヴィンチ・コード」ブーム?

ハンセン病市民学会総会懇親会でクリスチャンの神父さんと話をする機会が持てた。

ぶしつけに「ユダの福音書」について質問したりしたが、非常に柔軟に答えてくださった。それにしても、あまりにぶしつけだったと、今、反省している。でも、とてもいい人だった。

宗教部会の報告にあったが、隔離政策においてキリスト教の果たした問題について、誠実に向き合おうとしている方々がいる。「性の分離」が、療養所内での婚姻、そして出産が認められなかったという事に関わりがあったのではないかと反省されているのだ。

仏教徒も「業病」という使われ方をした「業」という教えについての課題を抱えているが、教義が現実に果たした問題について取り組むことこそが、宗教に主体的に関わろうとするものの大切な姿勢ではないかと思う。

「ダ・ヴィンチ・コード」について、あまり知らないのだが、ニュースなどでそのオチについては聞いている。カトリックについてどのような描かれ方がしているんだろうか。

「おもしろかった」「感動した」という感想を聞くたびに、あの神父さんはどう思ってるだろうと、あの顔を思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

引退

諦清さん ありがとうございます
maroさんとこのパフに対抗して、これからどんどん写真を載せようと思います

今日は教区公報「如大地」編集会議がありまして、多磨全生園訪問の記事を脱稿してきました。
こう みんなであれこれ言いながら記事をつくっていくのは楽しかったのですが、引退宣言してきました。次回の打ち上げでお別れ。なんかさびいしいな。

青少年スタッフの名簿から外してもらうことも、お話してきました。これもキャンプとか楽しいんだけどな。さびしいな。児童教化連盟は腐れ縁で、なかなか抜けられませんが。

身を引く場と こだわる場と なんかいろいろです。

明日はハンセン懇の交流集会反省会と自主打ち上げで、京都日帰り

| | トラックバック (0)

ウチの愛犬

afc67caf.jpg

maroさんとこの子犬があまりにかわいいのでウチの愛犬を紹介します(?)

「ベック」です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

同朋会案内葉書

44defcf5.JPG祠堂経案内の封筒印刷、梱包作業が、ほぼ終わりました。以前は封筒印刷をするたびにソフトを調整して、プリンターを詰まらせて難儀していたのですが、新しいプリンターは封筒専用に動いてくれて、曲がることもなく、実にきれいにやってくれます。たいしたもんです。なんか感激です。

余力で月末の同朋の会案内状も作りました。こんなに先を見越して寺務をすることは、われながら珍しいのですが、日程を考えるとしょうがない。

さあ、覚悟を決めて、住職修習の荷物づくりをはじめますか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

祠堂経法要チラシ

028924f4.JPG今年は友人に法話をお願いしました

今日は午前月参り 午後 法要
終了後 ←のチラシを作って、米袋の宛名印刷など祠堂経の準備事務をした。

最後の封筒印刷の時点でプリンターのインクが切れてしまったので、仕事は明日の午後に延期。なんだか中途半端。

まぁ、こういう作業はかつてはほとんど手書きで何日もかけてやっていたのだから、パソコンの普及は確実に寺務を楽にしてくれている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

なかなかの二日間

らんさん ありがとうございます おかげさまで二日間、体調はよかったです

午前月参りして 白山市へ お昼は熊蕎麦 脂が旨い

連区「同和」研修会 講師は住田一郎氏 かなりユニークなスタンスで部落差別問題について語られた。自ら部落民であるとカムアウトすることを基点として これまで解放運動がもってきた問題点を分析 あくまで被差別の側の問題を、我々に伝えるという手法をとる。
例えば、差別者が差別とりくむ原点としてきた贖罪意識が、被差別の側に傲慢さを植えつけることもあるのではないかと語られる。なるほど、そう言われれば、こちら側の罪意識は、本当にあちらを見てものを言っていただろうか。「お前は差別者だ」と叱ってほしい、みたいな自虐では、貧しい人間関係しか結べないのではないかとか、いろいろ考えさせられた。

終了後、二日目の昼は別の店でおろし蕎麦 とびきり辛い大根おろしでもう最高に美味かった

金沢香林坊に下りて シネモンドで「白バラの祈り」を観て 弟一家とご飯食べて 無事帰ってきました

楽しい二日間だった 留守を預かってくれたつれあいに 感謝します

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

連区「同和」問題研修会へ

 朝から耳鳴りがひどいもんで はじまる前にすこし昼寝してみようということでベッドに入ったら爆睡してしまって飛び起きて、朦朧としながらぎりぎりで組同朋の会に間に合いました

 テキスト「宗祖親鸞聖人」なんですが、法語「悪人正機」なもので、河田さんの本の受け売り。悪いけど、他のどの先生の歎異抄読みより、いまの自分にしっくりはっきりしています。ということで、決して手を抜いたわけではないです

 市民学会が終わっても、連日会合などがありまして、疲れがたまっているのでしょうか。40代半ばともなりますと、いろいろな体調の変化の原因が、疲れなのか病気なのか老化なのかストレスなのかよく分からない。睡眠不足かと早く寝ると、やたら早く目が覚めてこまってしまうし

 明日から北陸連区「同和」問題研修会で石川県白山市に行きます。講師は住田一郎氏。ネット上に講義録なんかもあったりして斜め読みしてます。講義が中心なので一泊二日、耐えられるか不安だったりします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

アレン・ネルソンさん講演会

私は日程が入っていて行けないのですが、友人の寺でイベントがありますのでお知らせします。

ベトナム帰還兵 アレン・ネルソンさん講演会

「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」―ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」

日時 5月22日(月)15時から17時
会場 福勝寺 七尾市能登島向田町117-113

宿泊もできるようです。関心のある方は私にメールをください。
連絡先をお知らせします。kokorookiraku@yahoo.co.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

太る遺伝子

市民学会での和泉眞藏先生による最先端ハンセン病治療のお話は、とても興味深かった。

まぁ、本筋とは違うけど「遺伝子病は誰もがもっている」という話題があった。

それで太る遺伝子配列(?)というのもわかっているそうで、やはり太りやすい体質というものも存在する。しかし、その遺伝子を持っている人は、食料が少なくなっても効率よくエネルギーにできる力をもっている。企業に食欲を煽りまくられる飽食日本にいるがために、「悪い」遺伝子と言われてしまうわけだ。

善悪の基準のあいまいさを突かれたお話だった。

ダイエットを維持するために筋肉を増やして基礎代謝をあげろというが、もし明日から食料がなくなったら、そんな人はまっさきに餓死するんだろうな。。。

さて、今日の夕食は、母の九州旅行のお土産、博多とんこつラーメンだった。旨かったが、さっそく、体重が微妙に増えている

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

市民学会総会二日目

一年前から決まっていた法要を母に代わってもらうということで こちらもそれなりに気を遣って月参り。だから遅刻して国際会議場。打ち合わせにも出てないので 周りのスタッフとどうもペースが会わないけれど、それなりに弁当配ったりした。でも後片付けも何をしたらいいのやらわからず、ふらふらしていた。

午後の宗教部会 個人的な印象としては発足して1年しかたってないのだから 世話人の打ち出した方針が これから参加者全員の元で討議されていくのだと思う はじまったばかりということだ。

総会全体について 富山で総会がおこなわれることについて「こちらにとっては中央から落下傘が降ってきたような話。地方がどれだけ主体的に取り組めるだろうか」と発言したこともあるが、結果を見れば800人の参加。三年間富山でシンポジウムを開催してきた実績と、部門が増えて市民学会の裾野が広がったことが、これだけの人を集めることとなったか。富山での開催が、地方と全体の両方にとって有益にはたらいたと認める。

それにしても全国大会というのはすごいもんだった。ちょっと興奮さめやらぬ。このところ夜、うまく眠れてないのよ

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

昨日の日記(市民学会総会一日目など)

まず、8時から子ども会 17人きてくれる 歌の練習 玉永寺探検隊 フェアトレードチョコプレゼント これで配布完了

月参り 立山町でお葬式 午後から魚津で月参り、法要 帰って着替えてJRで富山へ

c5e19d61.JPG国際会議場についたのは5時半ごろ シンポジウム終盤 打ち合わせに出てないので勝手がわからないが、とにかく後片付けを手伝う

用意したパンフ700部が足りなくなったらしい 800人の参加があったとか 地元から300人との情報あり

レセプションで菱木政晴氏発見 「衆生」「自然」解釈などを話し込む 紅の熊さんとご挨拶 人大杉

二次会 クリスチャンの方と話し込む

三次会 宮里新一らと同行して彼の歌が聴けるかと思ったが、なぜか菱木氏の歌を聴いて帰った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

村上さんと八重樫さん

午前、国際会議場へいって、お二人とお会いしてきました。

http://www.rivo.mediatti.net/~nanya/

時間がなくてご挨拶しかできなかったのですが、お二人のお顔を拝見して、妙に安心しました。

出版まじかの「絆」を購入し、サインしていただいてきました。

思い出に残る写真集を手に入れることができました

今夜の前夜祭は欠席なのが悲しいですけど、明日のレセプションがとても楽しみです。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

道綽

今日の「華の会」の準備をしています。

 

道綽章ですが、なぜ「道綽、聖道の証しがたきことを決して、ただ浄土の通入すべきことを明かす」なのかについては、禅師の時代状況を想像してみるしかないんだなと。次の「万善の自力、勤修を貶す。円満の徳号、専称を勧む。」というのはその理由じゃなくて、結論ですもんね。親鸞聖人がなぜ比叡山を下りられて吉水へ行ったのかを想像するのと同じく、なかなか、悩まされるところです。

 

「三不三信の誨、慇懃にして」です。

 

云何が如実に修行せず、名義と相応せざると為すとならば、謂はく、如来は是実相身

なり、是為物身なりと知らざればなり。又三種の不相応有り。一には信心淳からず、存ずるがごとく亡ずるがごとき故なり。二には信心一ならず、決定無きが故なり。三には信心相続せず、余念間つるが故なり。此の三句展転して相成ず。信心淳からざるを以ての故に決定無し。決定無きが故に念相続せず。亦念相続せざるが故に決定の信を得ず。決定の信を得ざるが故に心淳からざるべし。此と相違せるを如実に修行し相応すと名づく。是の故に論主、我一心と建言す。(浄土論註)

 

如実修行せず、名義と相応せざるに由るが故なり。所以は何ん。謂はく、如来は是実相身、是為物身なりと知らず。復三種の不相応有り。一には信心淳からず、存ぜるがごとく亡ぜるがごとくなるが故なり。二には信心一ならず、謂はく、決定無きが故なり。三には信心相続せず、謂はく、余念間つるが故なり。迭ひに相収摂す。若し能く相続すれば則ち是一心なり。但能く一心なれば、即ち是淳心なり。此の三心を具して若し生ぜずといはば、是の処有ること無からむ。(安楽集)

 

道綽は三不信についての曇鸞の文章を、ほとんどそのまま使って、ちょっとだけ表現を変えて「三心」という言葉を出しているだけ。(「三信」じゃなくて「三心」?)そこに親鸞は特別に注目して、正信偈曇鸞章でなくて、道綽のところでこの事を取り上げている。(教行信証、信巻などの展開だと、上の論註の部分を引用して散善義の三心へと進んでいる。)いずれにせよ、親鸞は「〜ではない」ではなく、「〜である」とした点に注目したということかな。

 

教行信証への安楽集の引文は少ないです。しかし、信巻には「涅槃経」からの引文が多く、仏性もよく取り上げられています。そのあたり道綽の視点を継承しているということがあるのかなとか、いろいろ考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちいち報告するのもなんですが

昨日、ブログを書いてから電話がかかってきて、枕経をお勤めしてしてきました。

13日ご葬儀となりまして、市民学会には夜のレセプションから参加となりました。

鎌田慧さんの講演、訓覇浩コーディネーターのシンポジウムも聞きたかったのですが、ご縁がありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

帰ってきました

らんさんコメントありがとうございます。無事、かえってきました。

全国青年研修会、行って良かったです。七尾での強制連行、それを小学校で学ぶことを止めさせられた話など、初耳なことばかりでした。たくさん資料をもらってきました。いずれ、目を通しましすが、1日目だけで帰ってしまうのが残念でした。それなのに、明日の法話が気になって、休憩時間に正信偈についての本をめくっているという情けないことをやっていました。

どうも、なにをやっても中途半端な日々。これまでの市民学会総会の準備ににしてもそうだった。本番も、法要とお参りを家族に頼んで、なんとかお手伝いができるという状況で、それでも初日の午前は子供会があって、遅刻せざるをえない。

しょうがない、しょうがないと言ってるのが、じつに歯がゆい、しょうがない

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

仕事がすすんだ

ずる休みしたおかげで 教区公報に載せる多磨全生園訪問の記事の骨子ができました。

参加者の感想を集めた特集みたいなページにしたいと思ってたのが、いいかんじに仕上がりそうなのでウレシイです。写真も入れて、他の人の意見も聞いて、いいものにしていきたい。仕事がすすんでいい気分。

あしたは勢いで能登へ行きます。周りの人に迷惑をかけて、事務局とすったもんだして、一日だけ日帰りで行くわけで、年甲斐もなく、無理な日程を入れたものだと反省しています。出席しない研修会の名簿には名前を載せられ、やっとの思いで出席する研修会の名簿には名前を載せられないということで、こう組織に疎まれ、肩身の狭い思いをするというのは、おれが悪いからか? このあたり意味不明のことを書いていますが、どうしても話を聞きたくなって、その思いが遂げられるなら、もうなんでもいいや。どんな処遇も忍ぶよ。

こう気だけは若いのですが、昨日、野々市からの帰りが遅かったので、もう今日は一日睡眠不足でダメでした。もう実際じじいです。無理が利きません。青年部会に入れない現実を受け止めなくてはいけません ああ、ここはギャグですから。まじめに受ける人がいるので、時々困るw

明後日は華の会があるよ。正信偈、道綽、末法について話します。明日、走りながら内容を考えることにしましょう。 ああ、6月に組門徒会で話せと依頼が来た。なんかもう、どうにでもなれです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

休んでゴメンなさい

今夜のハンセン病市民学会総会事前作業ですが

夕方の月参りやら、原稿の締め切りやら、お話の準備やら、明日の日程のための体力温存やらで

4時までの消耗会議の後、焦る気持ちに耐え切れず、休ませていただきました。

関係各位には、この場を借りて心からお詫び申し上げます。

ごめんなさい すまなかったー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

子ども会

f33b7fee.JPGまいにち、必死でやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

「ハンセン病 奪われた我が子」

本日放送のNHKクローズアップ現代「ハンセン病 奪われた我が子」
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku2006/0605-2.html

ハンセン病市民学会メールニュース17号での和泉さんのコメントが紹介されています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 4日 (木)

試練! 5月の主な日程

8日 組同和学習会 十住毘婆沙論学習会(野々市)

9日 教区御遠忌教化推進部門会議 ハンセン病市民学会総会作業

10日 全国青年研修会(七尾)

11日 華の会(朝日町)

12日 市民学会総会前日打ち合わせ

13日 玉永寺子ども会 市民学会総会一日目

14日 市民学会総会二日目

15日 人生講座(佐野明弘さん)

16日 教区御遠忌本部会議

17日 組同朋の会 組同朋大会打ち合わせ

18日〜19日 連区同和研修会(金沢)

22日 教区公報「如大地」編集会議

23日 ハンセン懇交流集会部会議(京都)

25日〜28日 住職修習・玉永寺旅行会(京都)

29日 玉永寺同朋の会

| | コメント (5) | トラックバック (0)

体調

ここ10年来、目の痛みに悩んでいまして。先日、弟から「それドライアイじゃないの」って言われて。

「でも、涙はちゃんとでるよ」「そうじゃなくて、まばたきの回数が減って乾きやすくなるのがドライアイなのよ」 しらんかった。そうだったのか。。。

で、ドライアイ用の目薬を差し始めたら、てきめんによくなりました。

ここ数日、頭が重くて、仕事のミスというか、細かい忘れ物までするようになって。昨日はそれが高じてかなり痛くなって。

「スポーツボート漕いでると頭振るから、陸で船酔いになってるのかな おもしれーなー」とかおきらくに言ってたら、母に「なに馬鹿なこといってるの。風邪じゃないの。」って言われて。

トレーニング休んで、暖かくして葛根湯のんだら、今朝はかなりよくなってしまいました。

今日は、午後からお仕事なしです。なんかもーどーしょーもなくなってる頭と部屋のなかに、ちっとは風を通すか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

欠席

今夜の市民学会総会最終打ち合わせを、お通夜にて欠席。
先日の政党まわり、マスコミ向け記者会見も、華の会にて欠席。

まー こりゃ しょーがないわな と思うようになっているのは なんじゃらほいほい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »