« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月31日 (日)

【転送を大歓迎します】

皆様へ

このたび、「中越地震掲示板」を、
三条教区(新潟県)有志と連携しながら
東京教区「同朋社会推進ネットワーク」というグループで立ち上げました。
URL:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=doubousyakai
この掲示板の存在を有縁の方々にお知らせください。

何が出来るのか、何をすべきなのかを模索しています。
被災地からは、被害状況や支援要請などを、
支援の側からは、問合せや支援申し出などを、
あわせて意見や提言やそれぞれの動きなどを
書き込んでいただければ幸いです。

昨夜の立ち上げ以来、すでに700件を超えるアクセスがありました。
熟考の上の行動ではないため、不備もあるかと思いますが、
情報を収集し、発信するための動きです。

この掲示板をご活用いただくことを通して、
お互いに大きなうねりを創り出していければと思います。
どうぞよろしくお願いします。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL
「中越地震掲示板」管理人集団のひとり
      東京教区    酒井 義一
掲示板URL:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=doubousyakai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月29日 (金)

どう書けばいいのか(こうさぎ)

きょう   ほうぞーが真宗に便は設置するはずだったみたい。
anan1は、

先日の台風で玉永寺でも10メートルを越す杉が5本 根こそぎ倒されるなどの被害がありましたが その後 こちらでも震度2〜3の地震が続きます
そのたびに隣県新潟の方々の形容しがたい状況を思わずにはいられません

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「   ほうぞー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月28日 (木)

本日の同朋会資料

第二十八首

像法のときの智人も
自力の諸教をさしおきて
時機相応の法なれば
念仏門にぞいりたまう

○像法のときの智人
龍樹菩薩、天親菩薩などをいう

○時機相応の法
「時と衆生とあいかなえる法というなり」(左訓)
時代環境と人間の資質にかなった教法


第二十九首

弥陀の尊号となえつつ
信楽まことにうるひとは
憶念の心つねにして
仏恩報ずるおもいあり

○尊号   尊き名号

○信楽   信じ喜び願い求める心

○憶念  本願を思いつづける心

(浄土和讃の最初の和讃)
弥陀の名号となえつつ
信心まことにうるひとは
憶念の心つねにして
仏恩報ずるおもいあり


第三十首

五濁悪世の有情の
選択本願信ずれば
不可称不可説不可思議の
功徳は行者の身にみてり

○五濁
劫濁、見濁、煩悩濁、衆生濁、命濁

○有情
生きとし生けるもの
新訳だと「衆生」

○不可称不可説不可思議
称えつくすことも、説きつくすことも、こころで思いはかることもできない

(高僧和讃の最初の和讃)
五濁悪世の衆生の
選択本願信ずれば
不可称不可説不可思議の
功徳は行者の身にみてり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月27日 (水)

どう書けばいいのか

先日の台風で玉永寺でも10メートルを越す杉が5本 根こそぎ倒されるなどの被害がありましたが その後 こちらでも震度2〜3の地震が続きます
そのたびに隣県新潟の方々の 形容しがたい状況を思わずにはいられません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月22日 (金)

今日は同朋会(こうさぎ)

きょう、anan1のお宅に念仏したかった。
   ほうぞーは、お参りしたかった。
anan1は、

今 寺報の編集に追われています。
住職と坊守と   ほうぞーとで、ケンケンガクガク、一触即発に意見を戦わせ、えらいことになってます。
   ほうぞー一人で作れたらいいとも思いますが、他人といっしょというのも大事なんでしょうね

午後から同朋会 正像末和讃の便同弥勒の部分です どうな

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「   ほうぞー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月21日 (木)

聖人危機一髪

932d36d7.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年10月20日 (水)

玉永寺報恩講

今日、明日と報恩講なんです
掃除して 荘厳して 幕はって いっしょうけんめい準備して今日を迎えたのですが
朝から雨でして 午後から風が強まって 幕おろして 看板とかしまったんですが
いま とんでもなく すごい暴風雨なんです
台風まで玉永寺報恩講にお参りにいらしたわけです

さっきから天井から砂やら埃やらがボロボロボロボロ落ちてきています

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年10月19日 (火)

第11組同朋の会

毎月18日 地域の60代から80代ぐらいの方々が15人ぐらい集まって 正信偈を読んできた
私が講師を引き継いで お話をはじめてから2年ぐらいになる
ほんまに 正信偈の一句一句に けっこう正面から取り組むことができた
とてもいい経験をさせていただいたなーと 感謝感謝

もうすぐ正信偈も終わるので 次になにをテキストにするかという話題になって 正信偈の背景という全景というか つまり教行信証を読みたいという意見が出てきた

正直 びっくりした!!

思わず「私の力に余ります」なんて台詞が オレの口からでてきましたよぉ!

しかし いま 沸沸と やってみたら面白いだろうなーなんて 妄想してしまうのだ
大学とか研究室とか そんなところではなく 田舎のじいちゃんばあちゃんといっしょに こんな若造がベラベラに読む 教行信証って どうなるんだ??

ワクワクするが どうなることやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月17日 (日)

「2003年度・絵本100冊プレゼント」報告書

(1)絵本の設置場所

本堂の庫裏側の廊下です。

(2)お寺に絵本が来たことに対するこどもたちの反応をお聞かせください

非常に関心がある子とまったくない子と個人差があります。

(3)絵本活用計画の進捗状況をお聞かせください

小学生がいる家の名簿が手に入らないので、どのように新住宅地に呼びかけるか思案していたところ、3月末に住職がくも膜下出血を発病、手術、その後、2ヵ月間が入院という思いがけない出来事があり、残念ながら校下への呼びかけはできませんでした。
来年春に改めて企画を練ってみようと思っています。

貸し出しを希望する子どもがいますが、管理が不安なので踏み切れていません。

放課後の学校を会場とする子ども会が奨励されており、寺まで足を運ぶようにはなかなかできない状況が強まってきました。

(4)応募用紙には既に子ども会を開設されておられるとお聞きしておりました。
絵本が来てからの子ども会の運営・活動がどのような状況かお聞かせください。

若坊守が絵本活用の研修会に出席。
毎月第2土曜日に子ども会を開催していますが、絵本の読み聞かせを何度か行いました。
12月には老人クラブとの交流会「2004年さようならとかんしゃの集い」を行います。子どもたちはそれぞれピアノや手品、楽器演奏など自分の得意なものをお年寄りの前で披露しますが、何人かがいただいた絵本の読み聞かせ、紙芝居を行うことになっています。
絵本があることを地域にアピールする機会になればいいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月16日 (土)

こんなんなってた(こうさぎ)

きのう、池の平に文字が想像した。
苦手。

*このエントリは、こうさぎの「   ほうぞー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 9日 (土)

聖教学習会(こうさぎ)

きょう   ほうぞーは、池の平にanan1の便に下見されたみたい…
きのう   ほうぞーが、anan1は感じへ教導したかったみたい。
   ほうぞーは、anan1の便は善導された。
きょうは、善導するはずだったみたい。
きのう   ほうぞーが、平等までanan1と使い勝手をお話♪
ガクガク。anan1は、

研修部主催 古田和弘先生の観経疏の随文解釈は終わりまして 今回と次回でまとめということです
観経についての善導解釈の独自性を改めて整理してくださいました
法然が「善導独明仏正意」と親鸞が「偏依善導」と書いた理由が 

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「   ほうぞー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 7日 (木)

玉永寺通信25号

真宗大谷派玉永寺のホームページ

どうやら出来上がり 配布もだいぶ済みました
いよいよ 今回からカラーにしました
カラーレーザーは もうひとつ使い勝手がわからず手探りですが
ご門徒の皆さんに楽しんでもらえるページ作りをしたいものです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年10月 4日 (月)

「未来のために」

東本願寺 - 出版物紹介 - 月刊『同朋』

8月から連載されている梶原敬一さんの高倉会館での講演「未来のために」を
読んでる人はいませんかね

観無量寿経に出てくる「未来の衆生」、釈尊が念仏の教えが説く対象が
平等覚経に出てくる阿闍世王太子、アジャセの息子であるというのです
そこから 念仏の教えは 国と国、民族と民族のあいだに
世代を超えて連綿とつながり、消えることのない怨念と復讐の連鎖を
断ち切るものだという内容が展開されています
どういう結論になるのか 注目しています

梶原さんは修練スタッフにて出会った方ですが
独特の視点をもってお念仏の教えを語る方です

住職の病気とかあって 1年修練スタッフを休ませていただきました
研修部の方は声をかけてくれるのですが このまま退こうかと思っていました
1週間缶詰、全文筆記、個人面談、班担のありかたとか、研修形態に違和感もありましたし

しかし、あの場所が人を生み出し、出会いを生んできたのは確か
梶原さんの講演録を読んで また 行ってみたいような気持ちになりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 2日 (土)

わんこ

459e661c.jpg今日ご法事にいったお宅にいたわんこ
去年死んだチャッピーにそっくりだった
可愛がってたら涙が出そうになった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選択本願(こうさぎ)

   ほうぞーが富山へセンターを偏しなかったー。
きょうは、テキストは菩すればよかった?
きょうは、法蔵に工事するはずだった。
きょうanan1で、下見した?
苦手。anan1は、

11組同朋の会 テキスト正信偈にて「選択本願弘悪世」を中心にお話しました

いままでこのテーマが非常に苦手でした
「本願は法蔵菩薩の選択である」と言うのがなにかうしろめたかったのは法然ではないのか 想像上の菩

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「   ほうぞー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »